リサイクルショップの有効活用。

金やプラチナの買取以外にも、リサイクルショップでは家具や家電、洋服といった様々なものを買取ってくれます。
家の中で場所をとっている不要品をリサイクルショップにまとめて買い取ってもらえば
家がスッキリする上に前金に替える事ができます。

テレビや冷蔵庫など今ではリサイクル料が発生してしまいますが、
リサイクルショップを有効活用することで、リサイクル料も節約できます。

またリサイクルショップを大阪で探してみてはいかがでしょうか。
昔から「商人の町」として有名な大阪のリサイクルショップの中には高額買取りを謳い文句にしているショップも多く、
大阪に住んでいなくても査定から買取まで、ネットで受け付けているリサイクルショップもあるので
一度リサイクルショップに相談してみてください。

Posted in リサイクルショップの有効活用。

パンダ金貨

中国造幣公司によって発行されている地金型金貨が、パンダ金貨といわれているものです。1982年から、これは毎年発行がされています。
金の純度は99.9%以上となっていて、種類は1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスの五つのものとなっています。
Continue reading

Posted in パンダ金貨

エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

4Cの中で優先するべき順序として考えられているのは、まずはカット、そしてカラット、カラー、クラリティーという順番になっています。
予算に応じてということになりますが、カットにはまず妥協をすることなくエクセレントを選び、カラー、クラリティーに関しては少し劣っていても、カラットが大きめになっているものを選ぶようにしましょう。
Continue reading

Posted in エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

品質保証書

鑑定、鑑別の付属しない商品に関しては、保証書の発行をする店舗もあるようです。ダイヤモンドの販売をすることを記載されているために、プレゼントに使うという点でもあんしん感があるといえるでしょう。
例えば、10000円までのダイヤジュエリーなどには保証書がついてもカードタイプ、それ以上のダイヤジュエリーについてはエンボス加工の高級厚紙の保証書を発行する、というように差別化しているところもあるようです。

Posted in 品質保証書

鑑定書

鑑定書の発行をするのは、宝石鑑定士の集団です。これは世界に共通している基準であり、鑑定されています。鑑定は4Cといわれる基準、つまりカラット、カット、クラリティ、カラーといったものが基準となっています。
一枚の鑑定書を作成するためには、二人の鑑定士がチェックを行い、ダブルチェックを行なうのが普通になっています。カットやクラリティ、カラーについては鑑定士と目と勘によって判断されるところになるために、一人より二人で行なったほうがさらに客観的な判断をすることができる、ということになります。鑑定書の中には、こういった四つの基準に沿って、グレードの記述が行なわれることになります。
Continue reading

Posted in 鑑定書

金婚式・銀婚式

結婚25周年の場合には銀婚式、結婚50周年の記念には、金婚式という言い方があります。日本の中でも、非常に良く知られている記念の言い方ではないかと思います。しかし、これが発祥をしたのはそもそも欧米からです。
Continue reading

Posted in 金婚式・銀婚式

カンガルー金貨

オーストラリア連邦の西オーストラリア州政府公営のパース造幣局が、1986年から発行を行なっている地金型金貨が、カンガルー金貨と呼ばれるものです。
表面には英国女王であるエリザベス二世の肖像があり、裏面にはカンガルーがレリーフされています。
Continue reading

Posted in カンガルー金貨

メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ金貨は、英語ではCanadian Gold Maple Leaf、フランス語ではFeuille d’erable en orです。これは、カナダ王室造幣局によって発行される、地金型金貨になります。
1979年に創鋳されたもので、それからは毎年発行が行なわれています。表面にはエリザベス二世の肖像があり、裏面にはサトウカエデの葉が浮き彫りになっています。純度は99.99パーセント以上の純金製、つまり24カラットです。
Continue reading

Posted in メイプルリーフ金貨

ウィーン金貨ハーモニー

800年の歴史を持つオーストリア造幣局によって発行された、現在ヨーロッパで発行される唯一の純金、地金型金貨が、このウィーン金貨ハーモニーです。
デザインも美しく、芸術的なこの金貨は、財産づくりに活用されるだけではありません。
Continue reading

Posted in ウィーン金貨ハーモニー

金の純度

金は、24分率によってその純度が表されるものになります。純金であれば、24金、24カラット、K24という表現になります。そこにどのくらいの金が含まれているかによって、この数値は変化していくことになるのです。18金という言い方がありますが、これは含まれている金の割合が18/24ということです。
Continue reading

Posted in 金の純度